マリーゴールドの特徴と効果・効能 | 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

マリーゴールドの特徴と効果・効能

マリーゴールドの効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の効果効能ガイドページです。マリーゴールドについて気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。

古代エジプトでは若返りの薬として用いられたマリーゴールド

マリーゴールド画像

  • 胃炎や胃かいようなどの症状を緩和
  • 発汗作用で燃焼系ボディーに
  • 利尿、解毒作用でデットックス効果
  • ホルモン様作用で生理不順改善
  • 風邪予防。うがい液としての利用も可
  • 入浴剤としての利用でアンチエイジング
  • クセのない味で飲みやすいハーブ

マリーゴールドの特徴

美しい黄金色が特徴のマリーゴールド。
抗炎症作用があることから、胃炎や胃かいようなどの
症状を緩和します。また、からだから毒素を排出するので、
インフルエンザ予防として飲む方も多くいらっしゃいます。

美肌効果の入浴剤としての利用も人気です!

おいしい飲み方

マリーゴールドを1カップに大さじ1杯入れ熱湯を注ぎます。

詳細と効果・効能

名称 マリーゴールド
科名/属名 きく科 / キンセンカ属(キンセンカ属に属する一年草)
学名 Calendula officinalis(カレンデュラ オフィキナリス)
和名 きんせんか(金盞花)、とうきんせんか(唐金盞花)
生薬名 金盞花(キンセンカ)、長春花(チョウシュンカ)
ハーブ名 Pot Marigold(ポットマリーゴールド)、Calendula(カレンデュラ)、Holligold(ホーリーゴールド)
産地/分布 南ヨーロッパ原産/世界各地
採取/製法 マリーゴールドの花びらを採取し乾燥させます。
部位/形状 マリーゴールドの花びら
成分 ポリフェノール類、カロテン、ステロール、サポニン、苦味成分
カフェイン ノンカフェイン
効果・効能 防腐、収れん、抗ウイルス、抗痙攣、ホルモン様、抗炎症、発汗、解毒、利尿
香りと味覚 摘みたての野草の花の香りでくせのない味です。

当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

美味しい健康茶なら健成園へ(熊本) TOP » 薬草茶の効果・効能ガイド » マリーゴールドの特徴と効果・効能

リニューアルバナー