桃の葉の特徴と効果・効能 | 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

桃の葉の特徴と効果・効能

桃の葉茶の効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の健康茶効果効能ガイドページです。桃の葉茶について気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。

しっとりすべすべ女性の味方「桃の葉茶!」

ももの葉画像

  • 肌荒れやニキビなどのトラブルに!
  • 湿疹やあせも、日焼けの赤み抑制
  • お肌の角質分解で美肌効果も期待!
  • エルムシンが皮下脂肪分解
  • オレイン酸の整腸作用で便秘解消
  • アミグダリンなどの働きで生理痛緩和

桃の葉茶の特徴

桃の葉に含まれるタンニンが、肌荒れや湿疹、あせも、ニキビ、
さらには日焼けした肌の赤みを抑えるなど、さまざまな
皮膚のトラブルに効果を発揮します。 

また、エルムシンが皮下脂肪分解と、肌の角質を分解するので、
美肌の効果も期待でき女性に人気の健康茶です。

おいしい飲み方

やかんに水0.5リットル~1リットルに大さじ1~2杯を入れ、沸騰後、火を止めお召し上がりください。
急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いで3~4分程のお好みの濃さでお召し上がり下さい。

■入浴剤として使う場合
弱火で10分~15分ほど煮出し、煮出した液をお風呂のお湯の中に入ればOK。しっとりとした肌さわりをお楽しみ下さい。

詳細と効果・効能

名称 桃葉(モモハ)
科名/属名 ばら科 / プルヌス属(落葉小高木)
学名 Prunus persica(プルヌス ペルシカ)
和名 もも(桃)
生薬名 桃仁(トウニン)、白桃花(ハクトウカ)
ハーブ名 Peach(ピーチ)
産地/分布 中国原産/アジア各地
採取/製法 成長した葉を採取し乾燥させます。
部位/形状 桃の葉
成分 タンニン・マグネシウム・オレイン酸・アミダグリン・エルムシン
カフェイン ノンカフェイン
作用 鎮咳、去痰、解熱、利尿、循環器機能改善
効果・効能 美肌効果、皮膚炎解消、肌荒れ解消、湿疹解消、便秘解消、生理痛解消、更年期障害解消、生理不順解消、整腸作用、ガン予防
香りと味覚 やさしい香りとほんのり甘く飲みやすいお茶です

当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

美味しい健康茶なら健成園へ(熊本) TOP » 薬草茶の効果・効能ガイド » 桃の葉の特徴と効果・効能

リニューアルバナー