くま笹の特徴と効果・効能 | 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

くま笹の特徴と効果・効能

隈(くま)笹茶の効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の健康茶効果効能ガイドページです。クマ笹について気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。

くま笹茶は以下の様な予防や改善を望む方に人気の健康茶です。

くま笹イメージ

  • 高血圧予防・コレステロール上昇抑制
  • 胃腸病予防・腎臓病予防
  • 糖尿病予防・抗がん剤作用
  • 疲労回復・貧血改善
  • 炎症鎮静・解毒・止血作用
  • 口臭予防・体臭予防

くま笹茶の特徴

くま笹には緑の血液と呼ばれるほど血液浄化作用が高く
難病(ガン)などの予防に人気の健康茶です。

また免疫力をアップする成分アラビノキシランが
アトピーの改善、老化防止、自律神経系の病気改善などで注目されており
さらに口臭・体臭予防など数え切れないほどの健康要素が含まれています。

おいしい飲み方

やかんに水1リットルにつき大さじ1杯~2杯を入れ、沸騰後泡が持続する程度の、とろ火で7分~8分煮詰めます。
急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いでお好みの濃さになるまで蒸らせばOK。

くま笹の繊維にはケイ酸分が多くまた硬い為粉末にして用いると胃腸障害になったり、粘膜を傷める恐れがあります。くま笹を利用する場合は煎じた熊笹エキスでご利用下さい。

詳細と効果・効能

名称 隈笹(くまさざ)
科名/属名 いね科 / ササ属(ササ属に属する多年草)
学名 Sasa veitchii(ササ バチ)
和名 くまささ(隈笹)(熊笹)(クマ笹)
生薬名 隈笹(クマザサ)
ハーブ名 Kuma Bamboo Grass(バンブーグラス)、Ornamental Grasses(オリエンタルグラス)
産地/分布 アジア、日本
採取/製法 年間を通して採取。葉を刻み乾燥させます。
部位/形状 くま笹の葉
成分 葉緑素(造血作用、血液浄化しサラサラにする、脱  臭効果、抗アレネギー効果)、クマササ多糖体(細胞膜を強化、免疫機能を活性化、ガン細胞の増殖を弱める作用)、アミノ酸、カルシウム、ビタミン類(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンK)、トリテルペノイド、バンフォリン、アンソツコウ酸、アラビノキシラン、リグニン
カフェイン ノンカフェイン
効果・効能 防腐、殺菌、血行改善、消化管改善、末梢血管修復、血糖降下、利尿、口臭、口内炎、ダイエット
適応 生活習慣病、健胃整腸、糖尿病、便秘、高血圧、胃潰瘍
香りと味覚 くま笹茶は非常に飲みやすく、ほんのり甘い香りであっさりとした味です。

当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 美味しい健康茶なら健成園へ(熊本)

美味しい健康茶なら健成園へ(熊本) TOP » 薬草茶の効果・効能ガイド » くま笹の特徴と効果・効能

リニューアルバナー