良くある質問 | 健康茶専門通販サイト~健成園~

健成の茶18種への良くある質問

健成の茶18種についてよくある質問

製造は熊本県熊本市荒尾町にあります本社工場にて製造されています。健成の茶18種は熊本県特産品指定商品であり、県特産品への指定は県下で製造された製品でなければ指定を受ける事が出来ません。

原材料は、すぎな、どくだみ、はとむぎ、クコ茶、あまちゃづる、豆茶、焙煎麦、浜茶、とうきび、ハブ草茶、おおばこ葉、びわ葉、柿の葉、甘草、クマ笹、霊芝、アロエ、イチョウの18種類の茶葉が使われています。また、それぞれの茶葉の特徴は「薬草茶の効果効能ガイド」にてご紹介しておりますのでご参考下さい。

国産でまかなえるものは国産のものを使用しております。ただ、原料によっては漢方の本場中国や北欧、北米など安全面や品質を考慮した上で海外の茶葉が優れているもは海外から取り寄せ使用しております。現在国産の茶葉(生産量)のみでまかなうのは難しい点と、国産の茶葉が一番優れていると言うわけでもなく、それぞれの茶葉で18種のブレンドに一番ベストと判断した産地の材料を使用しております。なお、製造は(焙煎から品質管理)全て国内(日本)で行っており、国内の安全基準を満たした商品となりますのでご安心下さい。

調合を薬剤師に見てもらい体に優しいお茶にしています。また、味や香りはもちろんの事、原料の質にも当然こだわっておりますが、その中でも他社との比較で一番違うものとすれば4度の選り分け作業(不純物の除去作業)です。通常機械選定のみやその後目視により選り分け作業を1度行う企業が多い中、当社は機械選定後に4度の選り分け作業を全て人の目と手で行います。そうする事で機械ではどうしても除去しきれない細かな混入物を除去し、より安全な品質でお客様の元へお届けする事を可能にしています。

ブレンドされた茶葉の数=高品質とは限りません。もちろん素晴らしいはたくさん存在しますが、大事なのは体質改善、毒だしを考えた調合です。よってブレンドの数ではなく、ブレンドされている比率や茶葉の質です。極端な話、30種類のブレンド茶でも原価の安い穀物類の比率が大半を占めていれば当然価格は安くて当たり前です。しかし、粉末状にした製品の場合、それらの比率を見ることは出来ません。当社の商品がなぜ、茶葉の状態でお届けしているのか?それはお客様の目で、茶葉の質や配合比率を見てもらい、当社のごまかしのない品質をご確認して頂きたいという想いも込められています。またこの様な形状でのお渡しは質や価格に自信がなければ出来ない事でもあります。

ティーバッグタイプ(15g×18包:1,575円)も取り扱っております。ただし、ティーバッグタイプは若干割高になってしまう事と、茶葉本来の味や香りをお楽しみ頂けるのが、リーフタイプの為ご希望がない場合当社ではリーフタイプをお勧めしております。また茶葉の質や混載物が混ざっていないかなど、質と安全をお客様ご自身の目でご確認頂けると言う理由からもリーフタイプの健成の茶18種が圧倒的に人気の高いタイプになります。

お薬ではなく食品ですので1日にどれだけ飲まなければならないと言う決まりはありません。また飲みすぎてもいけないと言うものでもありません。普段飲まれているお茶や麦茶、ジュースの代わりにご利用ください。またカフェインなども含まれていないため、おやすみ前に飲まれても問題はありません。ただ、朝の目覚めにカフェインを取りたいとお考えの方は、お目覚め時以外でご利用くなど、お客様のライフスタイルに合わせてご利用ください。

健成の茶18種はお薬ではなく食品です。よって効果・効能を保障するものではありません。逆に薬とは違い強い刺激物や副作用もなく国が食品と定めた原材料のみを使用した安心・安全の食品です。しかしながら自然由来の野草茶を煎じて飲む習慣は古くから続けられてきた健康法でもあり、その観点から継続してご利用頂く事で、健康維持、体質改善にお役立て頂けるものだと信じております。また、1年ほど続けられたお客様からのお喜びの声が最も多く寄せられています。

基本的には食品ですので問題はありませんが、特別なお薬を飲まれている方や不安に感じる方は医師にご相談の上ご利用頂く事でよりご安心して飲用いただけます。

無添加・ノンカフェインで、授乳教室などでも使って頂いている安心安全の健康茶ですので問題はありません。ただ、不安に感じる方や特別な症状をお持ちの場合は一度医師にご相談された上でご利用頂く事でよりご安心して飲用いただけます。

■お勧めの飲み方
体質改善や健康を意識される方は少し濃い目でご利用下さい。またお食事の時やお食事の前後でご利用頂くのもお勧めです。ダイエットなどに取り組く方には運動中や運動の後の水分補給としてご利用頂くのもお勧めです。またトイレのリズムを整えたい方は、お風呂の前に市販のティーパックに大さじ3杯ほどをマグカップに入れ熱湯を注ぎ入浴(20分~30分)。お風呂から上がった後にお飲みになられてみて下さい。

■おいしい飲み方
やかんの場合:やかんに水を1.5リットル対して大さじ4~5杯を入れ沸騰するまで沸かします。沸騰したら火を止め5分以上蒸らしてお飲み下さい。
急須の場合:緑茶と同じ要領で急須に大さじ2杯~3杯入れ熱湯を注いでほどよい色、香りがでるまでお待ち下さい。(お好みの濃さでお飲み下さい)
冷やして飲む場合:やかんでの作り方の要領で作り、そのまま熱が冷めるまで待ちます。荒熱が取れたら茶葉を取り出し冷蔵庫で冷やしてお飲み下さい。濃い味がお好みの場合そのまま冷蔵庫で冷やしてお飲み下さい。

■お勧めできない作り方
特に夏場多く聞かれるお客様との会話で、夜寝る前にやかんで作り翌朝冷蔵庫に入れる方も多くいらっしゃいます。夏場のお台所はたとえ夜でも温度は高いもの。当社のお茶は保存料など含まれていないので荒熱を取った後はすぐに冷蔵庫で冷やしてお飲み頂く方法をお勧め致します。

ホットでも冷たくしても美味しくお飲み頂けます。ただ、香りが広がりやすい温かいお茶に比べ、冷やして飲む場合は味や香りを感じにくい場合もあります。香りや味に物足りなさを感じられた場合は少し濃い目で作られてみてください。また冷えやむくみなどでお悩みのお客様は夏場でも温かいお茶でお飲みになられる方が多いようです。

善玉茶は健成の茶18種に比べ穀物の割合が多くなっています。よって18種に比べ甘みがあり子育て中のお客様に麦茶代わりのご利用として喜ばれています。逆に、健康を重視する方は薬草の比率が高い18種をお選び頂いております。

健成の茶18種は主に体質改善を意識した調合で作られたお茶です。一方どくとる茶は、主にダイエットに取り組む20代、30代向けの調合で作られています。配合バランスも異なりますが18種に加え、ローズペタル、朝鮮人参がどくとる茶には含まれております。商品の特徴や目的に合った商品をお選び頂ければうれしく思います。

健成の茶25種には健成の茶18種に加え、黒豆、シジュウム、バナ葉、ギャバロン、桃の葉、桑の葉、熊本県産シモンが含まれています。また薬草の比率も高く、より健康を意識する方に選ばれている商品です。どちらも生活習慣が気になる方などに人気のお茶ですが価格等の違いもございますのでお好みの商品をお選び頂ければうれしく思います。

2012年4月1日以降の国内産原料については全て放射性物質の検査をクリアーした原料のみを使用しております。

その他お聞きになりたい事や不安に思う事などメールもしくはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

商品詳細ページへ戻る » 健成の茶18種詳細ページ
トップページへ » 健康茶専門通販サイト~健成園~

ピックアップ情報

健康茶無料サンプルプレゼント詳細ページ
どくとるダイエット茶
健成園の健康茶【健成の茶18種】詳細ページはこちら

健康茶専門通販サイト~健成園~ TOP » 良くある質問

リニューアルバナー