ハブ草茶の特徴と効果・効能 | 健康茶専門通販サイト~健成園~

ハブ草茶の特徴と効果・効能

ハブ草(ハブ)茶の効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の健康茶効果効能ガイドページです。ハブ草(ハブ)茶について気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。

便秘を緩やかに解消してくれるハブ草茶

エビスグサ画像

  • 目の疲れや充血の改善
  • 便秘解消や利尿効果
  • 二日酔い予防
  • 滋養強壮
  • 高血圧予防
  • 口内炎解消

ハブ草茶の特徴

エビスグサ(ハブ草)にはアントラキノン誘導体が含まれており、
滋養強壮や利尿作用、胃弱改善、高血圧予防に働きます。
また、便秘に悩む方にも人気のお茶です。

肝臓の疲労を回復することで眼精疲労を解消する事から
パソコン仕事で目が疲れやすい方にも好まれるお茶です。

おいしい飲み方

やかんに水1リットルにつき大さじ1杯~2杯を入れ、沸騰後泡が吹き出る程度のとろ火で7分~8分煮詰めます。急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いでお好みの濃さになるまで蒸らして頂きます。

詳細と効果・効能

名称 ハブ
科名/属名 まめ科 / カワラケツメイ属(カワラケツメイ属に属する一年草)
学名 Cassia obtusifolia(カシア オブツシホリア)、Cassia tora(カシア トラ)
和名 えびすぐさ(夷草)
生薬名 望江南(ボウコウナン)、Cassia occidentalis(オキシデンタリス)、決明子(ケツメイシ)
ハーブ名 Sicklepod(シックルポッド)、Coffee senna(コヒーセンナ)
産地/分布 熱帯アメリカ原産/帰化植物
採取/製法 秋に完熟した種を採取し乾燥後焙煎します。
部位/形状 ハブの種子
成分 アントラキノンのクリソファノール、オブツシフォリン、エモジン、フィスチオン、オブツシン、アンストロン、トキソアルブミン、タンニン、ナルトピロン誘導体
カフェイン ノンカフェイン
作用 血圧降下、血糖降下、鎮痛、抗菌、去痰、利尿、発汗
効果・効能 高血圧の予防、動脈硬化の予防、コレステロールを下げる効果、糖尿病の予防、利尿作用、緩下作用、便秘対策、滋養強壮、育毛効果、ダイエット効果
香りと味覚 香ばしい香りであっさりと美味しく飲みやすいお茶です。

当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 健康茶専門通販サイト~健成園~

健康茶専門通販サイト~健成園~ TOP » 薬草茶の効果・効能ガイド » ハブ草茶の特徴と効果・効能

リニューアルバナー