あまちゃずるの特徴と効果・効能 | 健康茶専門通販サイト~健成園~

あまちゃずるの特徴と効果・効能

あまちゃずる茶の効果効能や特徴についてまとめた健康茶専門店の健康茶効果効能ガイドページです。あまちゃずるについて気になる事や知りたい事などがございましたら是非ご活用下さい。

あまちゃずるは以下の様な予防や改善を望む方に人気の健康茶です。

あまちゃずるイメージ画像

  • ストレス性疾患(胃痛、胃潰瘍、不眠症など)改善
  • ガン予防
  • 動脈硬化予防
  • リウマチ改善
  • 神経痛改善
  • 肩こり解消

あまちゃずるの特徴

あまちゃずるはストレス社会における強い味方となる健康茶です。
多種類のサポニンと呼ばれる沈静成分を多く含み、その種類の数は
高価な朝鮮(高麗)人参よりも多い70種類以上も含まれています。

またほんのり甘い味で飲みやすく毎日飲むことでストレスを溜め込まず
さらには、動脈硬化やガンなどの予防としても人気のお茶です。

おいしい飲み方

やかんに水1リットルにつき大さじ1杯~2杯を入れ、沸騰後泡が持続する程度の、とろ火で7分~8分煮詰めます。
急須の場合は大さじ1~2杯を入れ熱湯を注いでお好みの濃さになるまで蒸らせばOK。

あまちゃずる茶に含まれるサポニンは沈静作用がありストレスの緩和や解消に良いですが、大量に摂取しても効果に変わりはありません。また、大量を一度に摂取するのは健康面でもお勧めできるものではありませんので、あまちゃずる茶のみではなくその他のハーブや健康茶葉などとブレンドした形で摂取されることをお勧め致します。

詳細と効果・効能

名称 アマチャズル
科名/属名 うり科 / アマチャズル属(アマチャズル属に属するつる性多年草)
学名 Gynostemma pentaphyllum(ギノステムマ ペンタフピルルム)
和名 甘茶蔓(あまちゃずる)
生薬名 絞股藍(コウコラン)
ハーブ名 Sweet tea vene(スイートティー)、Gospel herb(ゴスペルハーブ)、Jiaogulan(ジアオグラン)
産地/分布 日本、インド原産、東南アジア
採取/製法 8月~9月の晴天の日に茎葉の下葉1枚ぐらいを残し刈り、水洗いで泥やゴミを洗い流した後、束ねてつるし水切りをします。生乾きの状態で2~3センチほどに刻みさらに天日でよく乾燥させます。
部位/形状 甘茶蔓(アマチャズル)の葉、茎
成分 沈静成分サポニン(saponin)や、ジンセノシド(ginsenosides)、プロトパナキサジオール、ギペノサイド類。高価な朝鮮人参のサポニンに類似し同一の化学構造のものを数種含んでおり、含まれているサポニンの種類は朝鮮(高麗)人参よりも多く70種類以上含まれています。アマチャズルは種類によって甘い葉と苦い葉があり苦い葉のほうがサポニンを多く含んでいます。
カフェイン ノンカフェイン
効果・効能 循環器系機能向上、鎮痙、肝機能強化、抗アレルギー、血糖値降下、鎮静、免疫機構・神経系統の強化、血圧降下、コレステロール値降下
適応 喘息、気管支炎、アトピー、花粉症、心臓血管疾患、糖尿、偏頭痛、腰痛、肩こり、疲労回復、緊張、リュウマチ、気管支炎、消化性潰瘍、悪性腫瘍、ストレス
香りと味覚 あまちゃずる茶はカロリーは無いものの、ほのかに甘く比較的のみやすいお茶です。香りはわずかに枯草の臭いがする程度で、独特な香りはありません。ただし濃くすればするほど苦味が増します。
正しい飲み方 あまちゃずる茶に含まれるサポニンは沈静作用がありストレスの緩和や解消に良いですが、大量に摂取しても効果に変わりはありません。また、大量を一度に摂取するのは健康面でもお勧めできるものではありませんので、あまちゃずる茶のみではなくその他のハーブや健康茶葉などとブレンドした形で摂取されることをお勧め致します。

当社効果・効能ガイドは茶葉に関する専門書などを参考に当社が取りまとめた情報を記載しております。ここで記載されている内容は一般的に知られる効果・効能であって、当社が販売する商品の効果・効能を保障するものではなく、あくまでも個々の素材の特徴を知る上での参考情報としてご活用頂ければ幸いです。

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 健康茶専門通販サイト~健成園~

健康茶専門通販サイト~健成園~ TOP » 薬草茶の効果・効能ガイド » あまちゃずるの特徴と効果・効能

健康茶専門店の和漢健康維持素材効果効能ガイド